妊娠による口臭について

妊娠による口臭について

女性は妊娠することによって口臭が発生することがあります。妊娠以外にも月経や初潮、閉経時などホルモンバランスが崩れる時期は口臭が出てしまいます。妊娠中というのはプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌量が増加することによってホルモンバランスが崩れ、それによって口内が乾燥して口臭が出ますし、さらに抵抗力が落ちて口内の細菌も増殖するのでさらに口臭が強くなります。さらに体温も上がるのでドライマウスになりやすく、それも併せて口臭に繋がります。

 

また、胎児が成長する過程で母親の栄養を吸収するので虫歯になりやすく、虫歯が発生すると口臭も出やすくなります。歯肉の血液量が増加することで歯肉炎になりやすく、それも口臭に繋がってしまいます。

 

対策としてはホルモンバランスを整えるということは難しいので、歯磨きをしっかりするということが非常に大切です。ただ、はっきりいってどうすることもできないので、上手く妊娠中は口臭と付き合っていくということも考えなければいけません。ちなみに歯磨きは起床後すぐにしたり、唾液の分泌量を増やすためにガムを噛むということなどして対処してください。

 

ストレスや緊張も唾液の分泌の減少に繋がりますので、出来る限りストレスを溜めない生活習慣にすることも口臭対策をする上で非常に大事なことになります。一定期間だけになりますが、女性は気にすると思いますので、旦那さんにその旨を伝えて協力してもらうということも大切です。