扁桃腺炎予防はどんな方法がある?

扁桃腺炎予防はどんな方法がある?

病原菌を体内に侵入させないということが、扁桃腺炎対策として最初にしなくてはならない事でしょう。口というのは、普段から呼吸をしたり、食べ物を食べたりするため、雑菌や病原菌がどうしても口から侵入してしまうものです。

 

また、元々扁桃腺というのは細菌が存在しているものです。扁桃腺炎予防をしていくのであれば、口の中で雑菌や病原菌が増えないようにしていくようにしなくてはなりません。そのためにも、普段からうがいをするようにしましょう。

 

口の中が乾燥してしまうと、菌が増えやすくなってしまいます。うがいをして、口の中に水分を与えて、菌が増えないようにしていくことが大切です。普通の水でうがいをするのも問題ないのですが、喉がイガイガしたりしているのであれば、水ではなくうがい薬でうがいをするようにして、口や喉の雑菌を殺菌していくようにしましょう。

 

なお、うがい薬は、ヨウ素が配合されていて殺菌作用があるものを使うようにしたほうが、扁桃腺炎対策をしていくことができるでしょう。また、うがいをするときに、カテキンが含まれているお茶でうがいをするという方法もあります。カテキンは抗菌作用があるため、扁桃腺炎や風邪の予防に適しているのです。

 

これ以外にも、手もしっかりと洗うようにして、手から雑菌や病原菌が入り込まないように対策をしていくことも大切です。また、アルコールを摂取したり、喫煙をしないことも、扁桃腺炎予防に効果的です。アルコールにしてもニコチンにしても、のどに刺激を与えてしまうため、扁桃腺が炎症を起こしてしまって、扁桃腺炎になりやすくなってしまいます。